第一生命ホールディングス

サステナビリティ関連データ

算定範囲:各項目とも特別な記載がない場合は、第一生命ホールディングスの情報

コーポレート?ガバナンス

組織形態 監査等委員會設置會社

取締役構成

単位:人

2017年6月 2018年6月 2019年6月
取締役數 15 15 16
(うち社外取締役數) 5 6 7
(うち外國人取締役數) 1 1 1
(うち女性取締役數) 1 2 2
社外取締役のうち獨立役員數 5 6 7

監査等委員構成

単位:人

2017年6月 2018年6月 2019年6月
監査等委員數 5 5 5
(うち社外取締役數) 3 3 3
社外取締役のうち獨立役員數 3 3 3

指名諮問委員會

単位:人

2017年度 2018年度 2019年度
委員長(議長) 社外取締役 社外取締役 社外取締役
委員數 5 6 6
(うち社內取締役數) 2 2 2
(うち社外取締役數) 3 4 4

報酬諮問委員會

単位:人

2017年度 2018年度 2019年度
委員長(議長) 社外取締役 社外取締役 社外取締役
委員數 5 5 6
(うち社內取締役數) 2 2 2
(うち社外取締役數) 3 3 4

役員構成(取締役兼務者含む)

単位:人

2017年度 2018年度 2019年度
役員數 32 32 32
(うち女性) 2 3 3
(うち外國人) 1 1 1
女性比率 6% 9% 9%

役員區分毎の報酬等の総額および対象となる役員の員數(2018年度)

単位:百萬円

役員區分 員數 報酬等の総額
取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く) 7名 265
監査等委員である取締役(社外取締役を除く) 2名 78
社外役員 6名 92

役員毎の連結報酬等の総額(2018年度)

単位:百萬円

氏名 役員區分 會社區分 報酬の総額
渡邉 光一郎 取締役 當社 105
第一生命保険株式會社
稲垣 精二 取締役 當社 117
第一生命保険株式會社
  • 連結報酬等の総額が1億円以上である者を限定して記載しています。

IR活動狀況(第一生命ホールディングス)

2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期
決算説明會 4回 4回 4回 4回 4回
経営説明會 2回 1回 2回 2回 2回
アナリストデー?説明會 1回 1回 1回 1回 1回
機関投資家とのエンゲージメント 國內約100社
海外200社超
國內約140社
海外360社
國內約100社
海外300社超
國內約100社
海外約200社
國內約100社
海外約150社

お客さまとのかかわり

お客さまとのつながり(第一生命)

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
ショップ數 82店 77店 75店 75店 71店
代理店數 2,950店 3,056店 3,352店 3,209店 -
  • 2015年度以前は提攜先である損保ジャパン日本興亜(2014年度以前は損保ジャパン)の代理店數、2016年度より全委託代理店の合計數になります。

支払いできなかった場合の説明制度(第一生命)

単位:件

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
異議申出窓口利用數 149 152 153 148 120
社外弁護士相談利用數 6 15 16 10 12
支払審査會利用數 1 5 2 3 4

お客さまの聲(第一生命)

受付件數

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
苦情 51,253 46,929 43,943 41,065 34,886
內訳率
保険契約加入関連
8.9% 9.7% 9.3% 9.1% 9.5%
保険料払込関連
6.5% 6.0% 6.0% 5.8% 5.9%
手続き関連
27.9% 27.2% 25.4% 24.7% 24.9%
保険金?給付金支払関連
13.9% 14.3% 15.9% 15.1% 15.4%
その他
42.5% 42.8% 43.4% 45.3% 44.4%
感謝 233,633 385,930 560,562 650,152 625,185
ご意見?ご要望 2,916 3,146 2,928 2,025 2,040
個人のお客さま満足度 54.1%※1 54.5% 57.6%
法人のお客さま満足度 91.0% 90.6% 91.6% 91.5% 91.3%
  • ※1
    外部調査機関が実施する顧客満足度調査を2017年度より導入(スコア:肯定回答占率と否定回答占率の差)

保険金?給付金支払額(第一生命)

単位:億円

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
死亡?高度障害?特定疾病等保険金 4,382 4,347 4,375 4,385 4,421
入院?手術等給付金 1,280 1,260 1,268 1,292 1,328
満期保険金?生存給付金?年金等 12,252 11,222 11,057 10,021 9,840

保険金?給付金支払狀況(第一生命)

単位:件

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
死亡?高度障害?特定疾病等保険金 支払件數 85,979 87,640 91,727 93,660 96,824
支払できなかった件數 3,539 3,689 3,774 3,633 3,629
入院?手術等給付金 支払件數 1,032,693 1,070,988 1,127,594 1,151,930 1,193,941
支払できなかった件數 29,376 35,421 35,028 35,143 29,749
  • 満期保険金、生存給付金等を除く
  • 生命保険協會の「協會件數計上基準モデル」に則って集計した件數

機関投資家として(第一生命)

スチュワードシップ活動狀況
  • 2014年5月「責任ある機関投資家」の諸原則(日本版スチュワードシップ?コード)に賛同
  • 2017年度より、責任投資に関するガバナンス態勢の一層の強化を目的として、「責任投資推進室」および「責任投資委員會」を設置
  • 2019年10月「責任投資活動報告」を公表

スチュワードシップ活動狀況(第一生命)

単位:社

2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
議決権行使対象企業數 2,247 2,271 2,310 1,907
會社提案に全て賛成した企業數 1,961 2,031 2,039 1,664
會社提案に1件以上反対した企業數 286 240 271 243
會社提案に1件以上棄権した企業數 0 0 0 0
建設的な目的を持った対話 233 277 271 251

従業員の狀況

従業員數(HD)

単位:人

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
総合計 男性 - - 363 391 403
女性 - - 179 212 231
総従業員數 - - 542 603 634
  • 常勤囑託従業員とスタッフ社員を含む

従業員數(DL)

単位:人

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
総合計 男性 5,056 4,939 4,614 4,564 4,446
女性 49,034 49,678 51,624 51,614 50,838
総従業員數 54,090 54,617 56,238 56,178 55,284
  • 第一生命ホールディングスとの兼務者を除く。常勤囑託従業員とスタッフ社員を含む

従業員數(DFL)

単位:人

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
総合計 男性 173 184 196 210 209
女性 115 127 137 149 176
総従業員數 288 311 333 359 385
  • 常勤囑託従業員とスタッフ社員を含む

従業員數(NFL)

単位:人

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
総合計 男性 51 67 95 109 131
女性 25 38 64 92 123
総従業員數 76 105 159 201 254
  • 常勤囑託従業員とスタッフ社員を含む

地域別従業員構成(連結対象)

単位:人

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
日本 55,982 56,503 57,262 57,339 56,565
アジア?パシフィック(日本除) 2,189 2,401 2,580 2,841 3,437
北米 2,476 2,542 2,764 2,763 2,936
総合計 60,647 61,446 62,606 62,943 62,938

従業員男女構成(第一生命ホールディングス+國內3生保)

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
日本 総従業員 54,454人 55,033人 57,272人 57,341人 56,557人
男性比率 10% 9% 9% 9% 9%
女性比率 90% 91% 91% 91% 91%
  • 常勤囑託従業員とスタッフ社員を含む

従業員數(第一生命)

単位:人

従業員數內訳※1 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
生涯設計デザイナー數※2 男性 1,201 1,167 1,196 1,195 1,171
女性 41,061 41,816 43,884 43,818 43,094
內勤職人數※3 男性 3,855 3,772 3,418 3,369 3,275
女性 7,973 7,862 7,740 7,796 7,744
総合計 男性 5,056 4,939 4,614 4,564 4,446
女性 49,034 49,678 51,624 51,614 50,838
総従業員數 54,090 54,617 56,238 56,178 55,284
  • ※1
    國內従業員數で、パートタイマー等の臨時従業員は、従業員數の100分の10未満であるため、記載を省略します。
  • ※2
    生涯設計デザイナーの在籍數については、當社と委任契約を締結しかつ生命保険募集人登録をしているものを含んでおり、その內訳は、2013年度末1,301名、2014年度末1,412名、2015年度末1,485名、2016年度末1,585名、2017年度末1,582名、2018年度末1,564名。その他補助的業務に従事するものが2013年度末603名、2014年度末567名、2015年度末512名、2016年度末469名、2017年度末387名、2018年度末317名であります。
  • ※3
    常勤囑託従業員とスタッフ社員を含みます。

管理職構成(第一生命ホールディングス+國內3生保)

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
日本 男性人數 2,783人 2,744人 2,724人 2,690人 2,633人
女性人數 808人 836人 873人 908人 906人
女性比率(%) 22.5% 23.3% 24.2% 25.2% 25.6%
  • 2014?2015年度は國內生保グループ(第一生命?第一フロンティア生命?ネオファースト生命)の合算數値となります。

従業員の狀況(第一生命)

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
採用數 生涯設計デザイナー 8,465人 8,645人 8,550人 7,359人 6,417人

男性

53人 62人 92人 73人 68人

女性

8,412人 8,583人 8,458人 7,286人 6,349人
內勤職 703人 756人 996人 1,025人 783人

男性

150人 131人 226人 214人 150人

女性

553人 625人 770人 811人 633人
平均年齢 生涯設計デザイナー 47歳5ヶ月 47歳5ヶ月 47歳1ヶ月 47歳1ヶ月 47歳3ヶ月

男性

43歳3ヶ月 42歳10ヶ月 42歳6ヶ月 42歳4ヶ月 42歳4ヶ月

女性

47歳6ヶ月 47歳7ヶ月 47歳3ヶ月 47歳2ヶ月 47歳5ヶ月
內勤職 44歳2ヶ月 44歳7ヶ月 44歳10ヶ月 44歳11ヶ月 45歳4ヶ月

男性

45歳10ヶ月 46歳1ヶ月 46歳5ヶ月 46歳5ヶ月 46歳7ヶ月

女性

43歳4ヶ月 43歳10ヶ月 44歳2ヶ月 44歳2ヶ月 44歳9ヶ月
平均勤続年數 生涯設計デザイナー 10年11ヶ月 10年11ヶ月 10年8ヶ月 10年10ヶ月 11年2ヶ月

男性

18年7ヶ月 18年0ヶ月 17年8ヶ月 17年7ヶ月 17年5ヶ月

女性

10年8ヶ月 10年8ヶ月 10年6ヶ月 10年10ヶ月 10年11ヶ月
內勤職 14年5ヶ月 14年10ヶ月 14年11ヶ月 15年0ヶ月 15年3ヶ月

男性

19年5ヶ月 19年10ヶ月 20年1ヶ月 20年3ヶ月 20年7ヶ月

女性

12年1ヶ月 12年5ヶ月 12年7ヶ月 12年9ヶ月 12年11ヶ月
平均月給與 生涯設計デザイナー 252千円 252千円 265千円 273千円 271千円
內勤職 301千円 304千円 297千円 301千円 302千円
従業員満足度 3.51 3.58 3.63 3.59 3.62
  • 従業員満足度調査は現狀や取組みの効果を定量的に把握し、課題解決に繋げていくツールとして位置づけています。
    算出方法:アンケート調査における主要項目(5點満點)の平均値

障がい者雇用率(第一生命グループ)

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
日本 2.25% 2.23% 2.22% 2.20% 2.22%
  • 障がい者雇用率については、法定雇用率に則した取組みとしています。翌年の6月1日時點の雇用率

ワーク?ライフ?バランス(第一生命)

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
育児休業數 1,077人 1,143人 1,261人 1,333人 1,399人
育児のための短時間勤務利用者數 379人 390人 446人 458人 481人
育児サービス経費補助利用者數 3,713人 3,571人 3,726人 3,784人 3,766人
介護休業取得者數 274人 234人 212人 265人 217人
ふぁみりぃ転勤制度利用者數 46人 24人 18人 6人 36人
男性社員の育児休業取得率 56.0% 85.5% 77.8% 82.5% 75.6%
月間平均殘業時間(內勤職) 7.6時間 7.7時間 7.9時間 6.3時間 5.3時間
年次有給休暇平均取得日數 12.3日 12.7日 13.0日 12.6日 12.7日
年次有給休暇平均取得率 66.0% 68.1% 69.4% 66.7% 67.2%

人権啓発研修(第一生命)

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
実施回數 20回 19回 26回 19回 26回
受講者數 166,231人 167,002人 264,497人 164,988人 162,024人
  • 受講者數はのべ人數

地域社會とともに

社會貢獻支出額(第一生命)

単位:百萬円

2016年度 2017年度 2018年度
社會貢獻支出額 691 726 789

寄附活動(第一生命)

単位:百萬円

2016年度 2017年度 2018年度
寄附額 623 577 745

社員ボランティア(第一生命)

単位:件

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
実施プログラム數 362 439 356 404 379
  • 実施プログラム數は年度ごとの延べ數

啓発、教育活動(第一生命)

內容 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
健康セミナー?醫療関連セミナー 実施回數 252回 324回 260回 283回 289回
參加者數 19,880人 23,908人 24,159人 22,791人 24,414人
消費者教育?金融保険教育(ライフサイクルゲーム) 無料配布數 2,635個 2,782個 3,555個 3,969個 3,586個
出張授業回數 21回 48回 96回 171回 167回
參加者數 586人 2,022人 1,853人 5,344名 4,062名
保険教育セミナー(FALIA)※1 実施回數 6回 7回 6回 6回 6回
參加者數 256人 198人 148人 237人 188名
  • ※1
    第一生命設立財団である公益財団法人 國際保険振興會(FALIA)での取組み

環境取組

環境パフォーマンスデータ

CO2排出量
2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
カバー率(%)
スコープ1+スコープ2(t-CO2) 168,000 178,100 171,900 166,000 155,300 100
スコープ1(t-CO2) 14,900 14,600 14,000 13,600 12,500 100
スコープ2(t-CO2) 153,100 163,500 157,900 152,400 142,800 100
スコープ3(t-CO2) 4,690 4,933 158,124 82,987 127,444 75
エネルギー消費量?輸送量?原単位
2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
カバー率(%)
エネルギー総消費量(GJ) 1,433,190 1,526,624 1,509,703 1,487,109 1,417,913 100
電力消費量(GJ) 961,516 1,061,668 1,055,167 1,041,379 990,652 100
燃料消費量(GJ) 286,834 279,241 269,453 261,884 251,646 100
蒸気?冷水?溫水消費量(GJ) 184,840 185,715 185,083 183,846 175,615 100
輸送量
輸送量(t-km) 1,518,006 1,383,759 1,369,085 1,471,945 1,415,013 75
電力原単位
電力消費量(千kWh) 267,088 294,908 293,102 289,272 275,181 100
再生可能エネルギー(千kWh) 128 145 144 121 120 75
床面積(千m2 2,737 2,735 2,724 2,714 2,701 75
エネルギー原単位(千kWh/千m2 97 95 95 94 89 75
水?廃棄物?紙
2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
カバー率(%)
水使用量(百萬m3 1,675 1,725 1,567 1,579 1,405 95
廃棄物排出量(t)(除:紙廃棄物) 412 496 551 677 714 88
紙使用量(t) 6,509 6,559 6,998 6,510 6,513 94
紙廃棄物リサイクル量(t) 2,350 1,850 1,800 1,920 1,604 78
グリーン購入率(%) 90 91 90 95 95 75
CO2排出量
スコープ1(t-CO2)
スコープ2(t-CO2)

各年度のCO2排出量は以下のように算定

  • 國內:
    地球溫暖化対策の推進に関する法律の係數を適用して算定。なお、2016年度実績まで2009年度の係數を適用していたため、2017年度実績と共に過年度実績についても改めて計算しております。
  • 海外:
    各國の排出係數を使用しGHGプロトコルにより算定
    排出係數は各國の係數を使用
スコープ3(t-CO2) サプライチェーンを通じた組織の溫室効果ガス排出等の算定のための排出原単位データベースver2.6を用いて算定
【カテゴリ1】購入した製品?サービス
OA用紙、印刷
【カテゴリ2】資本財
固定資産
【カテゴリ3】スコープ1、2に含まれない燃料及びエネルギー活動
電気
【カテゴリ4】輸送、配送(上流)
社內便
【カテゴリ5】事業から出る廃棄物
本社3事業所(日比谷?豊洲?新大井)の廃棄物
【カテゴリ6】出張
國內?海外
【カテゴリ7】雇用者の通勤
內勤職員
【カテゴリ12】販売した製品の廃棄
パンフレット?通知物
エネルギー消費量?原単位
電力消費量(GJ)
  • 國內:
    エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)第7條第3項の規定に基づき算定
  • 海外:
    GHGプロトコルにより算定
    電力千kWhは3.6GJ/千kWhとして単位変換
    燃料消費量は燈油?重油?ガスを集計
燃料消費量(GJ)
蒸気?冷水?溫水消費量(GJ)
輸送量
輸送量(t-km) エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)にそって算定
主にパンフレット等のグループ內の輸送量を集計
水?廃棄物?紙
水使用量(百萬m3 環境報告ガイドラインによる報告対象であり、水道局からの請求書の使用量から算定
廃棄物排出量(t) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律で定義される廃棄物で紙の廃棄物を除いたもの
紙使用量(t) 環境報告ガイドラインによる報告対象であり、購買システムデータから集計
紙廃棄物リサイクル量(t)
グリーン購入率(%) 社內一括購入システムより購入した商品購入額の比率
各項共通
カバー率 各項目報告企業従業員數÷報告対象の第一生命ホールディングスと主要子會社(25企業)の従業員數×100%

環境會計(第一生命)

単位:百萬円

分類※1 コスト※2 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
省エネ 投資額 795 1,066 978 612 783
費用額 11 11 11 16 9
省資源 投資額 0 0 0 0 0
費用額 78 75 79 92 87
環境保護 投資額 0 0 0 0 0
費用額 71 78 77 68 65
環境関連情報 投資額 0 0 0 0 0
費用額 34 5 10 14 3
  • ※1
    分類は當社「環境中計取組計畫」に準拠
  • ※2
    投資額および省資源の一部費用については、日比谷本社、豊洲本社、新大井事業所分のみ算入

環境保全対策に伴う経済効果(第一生命)

単位:百萬円

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
電気使用量削減に伴う費用削減額※1 1,134 1,501 811 145 394
紙使用量削減に伴う費用削減額 297 218 378 24 -26
  • ※1
    電気使用量1kWhあたりの平均単価を基準値として算出

投資用ビルのエネルギー使用量実績

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
対象物件(物件數) 113 107 107 105 105
電気消費量(kWh) 50,355,256 48,494,006 48,982,454 47,624,976 45,805,354
ガス消費量(m3) 1,834,088 1,760,586 1,774,988 1,714,540 1,600,987
冷溫水消費量(MJ) 25,094,330 28,871,550 28,407,807 28,316,700 30,734,640
CO2排出量(t-CO2) 24,717 24,035 24,230 23,569 22,741

(株)第一ビルディングにて管理を行っている物件における共用部分の削減実績

持続可能な社會を目指す主な商品?サービス等ラインアップ

商品?特約等

名稱ほか ESGへの配慮 概要 主な取扱い會社
E S G
ジャスト 必要な保障を組み合わせて、お客さま一人ひとりに合った保障を準備できる保険 第一生命
保険料払込免除特約(H25) 3大疾病による所定の狀態、所定の身體障害狀態?要介護狀態になったとき、以後の保険料負擔を不要にする特約
こども応援団?Mickey お子さまの大學進學にかかる教育資金を準備できる保険
レディエールモア(女性専用特約) 女性に多い病気などによる所定の手術に備える特約
からだプラス?カラダ革命 実年齢に代えて、「健康年齢」にもとづき、更新後の保険料が決まる保険(健康年齢にもとづき算出した保険料を比べた場合、健康年齢が若くなるほど更新後の保険料が安くなる) ネオファースト生命
リビング?ニーズ特約 余命6か月以內と判斷されるときに保険金を前払いする特約 第一生命?ネオファースト生命
指定代理請求特約 請求者が請求できない場合に、所定の要件を満たす代理人が請求者に代わって保険金などを請求することができる制度 第一生命
先進醫療特約 先進醫療による療養を受けた場合に給付金を支払いする特約
保険金等の年金払特約 死亡保険金等を一時金にかえて年金で支払いする特約 第一生命?第一フロンティア生命
骨髄ドナー給付金 骨髄ドナー(提供者)として骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の採取術を受けたときに支払いする給付金 第一生命?ネオファースト生命
団體信用生命保険特定狀態保障特約 主契約で保障する死亡?所定の高度障害狀態に加え、3大疾病による所定の狀態?16の特定狀態?所定の要介護狀態になった場合、保険金を住宅ローン債務に充當する特約 第一生命
メディカルスイッチ 加入済の醫療特約を診査?告知なしで最新の終身醫療保険に変更可能な制度
バトンタッチプラン 加入済の契約を家族の新しい契約に受け継ぐ制度
契約の更新 保険期間が満了したときに、健康狀態にかかわらず、原則としてそれまでと同一の保障內容?保険金額での保障を継続できる制度 第一生命?ネオファースト生命
特約の中途付加 加入済の契約の保障內容や保険期間を変えずに、新たな特約を付加できる制度
特約変更 加入済の醫療特約を診査?告知なしで最新の醫療特約に変更可能な制度 第一生命
  • ESG:環境(Environment)、社會(Society)、ガバナンス(Governance)
  • 上記は2017年5月時點の商品?サービス等の概要を説明したものです。
  • 詳しくは各グループ會社のホームページ?パンフレット等をお読みください。

サービス等

名稱ほか ESGへの配慮 概要 主な取扱い會社
E S G
コンタクトセンター(コールセンター)

ライフスタイルの変化に対応し、平日以外にも土?日曜日にスタッフが加入契約に関する手続きや問い合わせにフリーダイアルで対応

  • ネオファースト生命:コールセンターにて平日および土曜日受付
第一生命?ネオファースト生命
シニア専用フリーダイアルの開設 70歳以上のお客さまを対象とした専用フリーダイヤル 第一生命
お引き出しクイックテレホンサービス 専用フリーダイアルに電話をいただくことで、「契約者貸付」「積立配當金」「すえ置金」の引き出し、利用可能金額(殘高)照會ができるサービス
「健康年齢CHECK」コンテンツ 年齢?性別?血圧等の健康診斷結果を入力するだけで簡単に自身の「健康年齢」を測定できるコンテンツをホームページ等で提供している 第一生命?ネオファースト生命
スマートフォンアプリ「健康第一」 お客さまによる自発的な意識?行動の変容につなげていただくことを目的として、さまざまなサービスを提供する新しいタイプの健康増進アプリ 第一生命
健康ほっとダイヤル 健康?醫療?生活?メンタルヘルス等、契約者、被保険者およびその家族の方が利用できる無料電話相談サービス ネオファースト生命
第一生命けんこうサポートデスク 法人のお客さま向け商品における付帯サービスとして、健康相談からメンタルヘルスに関する相談まで幅広いメニューを提供 第一生命
メディカルサポートサービス 個人保険の契約者?被保険者とその家族の方を対象として、健康?醫療?育児?介護に関する相談や情報提供を電話で24時間365日利用いただける情報提供サービス
先進醫療情報ステーション 當社HPで、先進醫療の基礎知識?技術內容?実施醫療機関の情報を提供するサービス
契約者向けインターネットサービス インターネット上でご契約內容照會や各種手続きなどを行うことができるサービス 第一フロンティア生命
ご契約者専用サイト インターネット上で契約內容の確認や各種手続き、さまざまな情報やサービスを便利に利用いただける契約者専用のWebサイト 第一生命
ご加入手続きのペーパレス化 タブレット端末『DL Pad(ディーエル?パッド)』による契約申込み?告知?保険料支払がシームレスにできる仕組み
保険金?給付金等支払いに関する定期的な情報提供 過去10年間の支払內容、特に注意いただきたいケースなどを掲載した小冊子「生涯設計レポート」を年1回送付
「福利厚生に関する実態調査」の提供 取引先企業に対して、福利厚生制度の導入狀況についてのアンケート調査を実施し、結果をレポート(冊子)にまとめて提供するサービス
保険料の自動貸付制度 保険料の払込みがないまま猶予期間を過ぎた場合でも、所定の解約返還金があればその範囲內で、自動的に保険料を立て替え、契約を有効に継続させる制度
契約の復活制度 失効した契約を有効な狀態に戻す制度 第一生命?ネオファースト生命
保険金クイックお受取サービス 葬儀費用など緊急資金が必要となった場合、一定要件を満たす死亡保険金の請求について、手続き當日中に支払いするサービス 第一生命
成年後見制度サポート 成年後見人の選任を必要とされるお客さまに、法的な手続きのサポートを行える司法書士の紹介を取次ぎするサービス
診斷書取得代行サービス 醫療機関等へ支払う診斷書取得費用のみの負擔で、當社がお客さまに代わって、當社診斷書を取得するサービス
「想いの定期便」の信託契約代理店

みずほ信託銀行の信託商品「想いの定期便」を同社の信託契約代理店として媒介

  • 「想いの定期便」は、保険契約者が信託銀行と信託契約を締結することにより、死亡保険金の使い途を生前にオーダーメイドで設計し、萬が一の場合、指定した方に対して指定した內容で支払いする商品
相続?遺族年金制度等の情報提供、コンサルティング 相続をサポートするため、死亡保険金の支払時に「遺族年金制度」や「相続稅制」に関する情報提供、保険金を含めた相続財産に関するコンサルティングを実施
約款のDVD-ROM化 約款をDVD-ROMで提供
Web約款 約款をWebサイト上で提供 第一生命?第一フロンティア生命?ネオファースト生命
社外弁護士相談制度 保険金?給付金の支払いに関して、當社の説明に納得いただけない場合、希望により「社外弁護士」(當社と顧問契約を締結していない弁護士)に相談できる制度 第一生命
支払審査會制度

保険金?給付金の支払いに関して、當社の説明に納得いただけない場合、客観的かつ中立的な視點で支払査定結果を審査する「支払審査會」に申し込みできる制度

  • 同審査會は、客観性を確保するため、社外の専門家(弁護士?醫師?消費者問題の専門家)のみで構成
  • ESG:環境(Environment)、社會(Society)、ガバナンス(Governance)
  • 上記は2017年5月時點の商品?サービス等の概要を説明したものです。
  • 詳しくは各グループ會社のホームページ?パンフレット等をお読みください。

ご意見?ご感想をお聞かせください 新規ウィンドウで開きます

亚洲精品国产免费无码